湯船が美容と健康に良い

冷え性と体ニキビ対策に毎日湯船に浸かってみた

私はこの頃、意識をして湯船に浸かるようにしています。

 

今まで風呂に入る時間が勿体なくてついシャワーのみで済ませていました。

 

しかしそんな生活が長くなってから背中ニキビが増えたり冷え性が更に酷くなってしまっていました。

 

慢性疲労も悪化したように思いますし、寝付きもより悪化したように思います。

 

そんな時にネットで湯船が美容と健康に良いという記事を見つけ、面倒だけどできるだけ毎日入るようにしようと決めました。

 

私はいつも39℃のお湯に15分から20分程度浸かっています。

 

その間は歯磨きしながらスマホを見たり、疲れきった脚や肩のマッサージをしたりしています。

 

これ以上お湯を熱くしたり時間を長くすると、出る時に視界が真っ暗になってしまうので今の入り方が一番自分に合っているようです。

 

入浴剤も色々なものを試しましたが、薬湯とうたっているものやバスソルト系は特に体が温まるのでお気に入りです。

 

冬なのにお風呂上がりに暑さを感じるくらいで、冷え性であることも忘れてしまうほどです。

 

こうした生活を数ヶ月続けてみましたが、以前よりも全身の肌の角質が気にならなくなりました。

 

ニキビの赤みや皮膚の中に白いものが溜まっていて汚かった背中も、随分と綺麗な状態に回復しました。

 

つい背中が痒くてガリガリと掻いたらニキビが潰れて出血した、なんてことも減りました。

 

嬉しいことに背中以外にできるニキビも減りましたし、体の隅々の乾燥もさほど気にならなくなりました。

 

顔の毛穴も開くようで、前よりも毛穴の詰まりがなくなったかなと思えます。

 

風呂に入る前と出た後で必ず水を飲んでいるので、新陳代謝も高まって汗もたくさん出ているのかもしれません。

 

一時的とはいえ疲労のことも忘れられますし、夜も気持ちよく眠りにつくことができます。

 

流石に夏場などは湯温を下げたり入浴剤をサッパリ系のものに変えたりと調整が必要でしょうが、これからも湯船に浸かるという習慣は続けていきたいと思います。